クリスマスに行きたい国内旅行スポット

国内旅行は数多くしているのですが、クリスマスに行きたい国内旅行の地域と言えば、やはり北海道の札幌市です。東京のように大掛かりなイルミネーションなどは行っていないのですが、あたりには自然の雪が降り積もっていますので、ホワイトクリスマスを楽しむことが出来ます。
国内旅行なのですが、まるでヨーロッパに旅行に行っているような感覚を味わうことが出来ます。恋人と行っても素敵ですし、友人たちと一緒に行っても楽しいですし、一人旅行でも充分に楽しむことが出来ます。
また、札幌とドイツのミュンヘンは姉妹都市なのですが、その縁で毎年11月上旬からクリスマスにかけて、大掛かりなミュンヘン・クリスマス市が開かれているのです。ここまでくると、本当に国内旅行ではなくドイツ旅行のような感覚に陥ってしまいます。
ドイツ人のスタッフも多くいますし、ドイツならではのビールや食べ物を楽しむことが出来ます。シュトーレンやプレッツェル、そしてホットワインや大きなソーセージなど、本場のクリスマスを楽しむことが出来てしまいます。可愛らしい天使やサンタのおもちゃなどもあります。
旅行客だけでなく、地元の人も大勢いて楽しい雰囲気に包まれています。

誕生日はここで祝ってほしい!国内旅行スポット

近年、格安航空の路線拡大で全国各地に気軽に国内旅行に行けるようになりましたよね。中でも、函館ー成田線が就航したとのことで、今まで札幌メインだった北海道旅行ですがバリエーションに富んだプランを立てられるようになり注目しています。
そこで、誕生日に行きたい国内旅行スポットはズバリ「函館」です。
函館といえばおいしい魚介類などのグルメを楽しみに訪れる場所というイメージが強いのではないかと思いますが、それだけではないんです。
実はとてもロマンチックな街なのです。
函館でカップルや夫婦にオススメなのは、修道院や教会が立ち並びレトロな雰囲気が素敵な元町エリアです。旧函館区公会堂では、ドレスに着替えて公会堂のテラスや館内で記念写真をとることができます。
夜は、ウォーターフロントエリアでゆっくりお散歩するのがおすすめです。ライトアップされた赤レンガ倉庫群や船、そして漁船の漁火がとてもロマンチックですよ。
そしてディナーは歴史ある洋食店・五島軒のフランス料理やロシア料理のコースを是非。高級感あふれる店内と本格的なお料理はスペシャルな気分になれますよ。
最後は定番の函館山から函館市街のキラキラした夜景を眺めて最高の気分でお祝いしてほしいですね。
今まで国内旅行といえど、北海道は気合をいれていかなければいけない旅行先というイメージがありますが、今後は誕生日や記念日に訪れたいもっと身近な国内旅行先になりそうですね。

夏に行きたい国内旅行スポット

暑い夏はやっぱり、国内旅行もできる限り涼しい場所に行きたいものですね。
夏に行きたい国内旅行スポットとして、奈良県天川村の面不動鍾乳洞があります。天川村といえば洞川温泉が有名ですが、その入り口近辺にこの鍾乳洞があるのです。鍾乳洞の中は一年を通して8℃なので、夏でもヒンヤリしていて気持ち良さそうですよね。クーラーの中にいる感じでしょう。
この面不動鍾乳洞は長さは約150mで、洞窟の中はライトアップされていて歩きやすいそうなので安心です。つらら状やらいろいろな形の鍾乳石を見て回るのは、探検みたいで面白そうですよね。夏でも汗をかけずに探検できるのは、魅力的です。
ちなみにこの面不動鍾乳洞は、洞窟の入口まで歩いて15分ほどかかるのですが、どろっこと呼ばれるトロッコ列車に乗ることができて、これもまた楽しめそうですね。
そしてもうひとつ、この国内旅行スポットのお楽しみが、洞窟を出た所にあるわらび餅屋さんです。ここのわらび餅、とても美味しいと評判だそう。洞窟を探検した後にいただくわらび餅は最高ですね。
そして帰りに、洞川温泉にゆっくりつかってきたいです。
夏のお楽しみ国内旅行は、天川村面不動鍾乳洞で決まりです!

秋を楽しめる国内旅行スポット

秋に行きたい国内旅行先といえば、京都です。紅葉を思う存分楽しむことができます。紅葉を楽しむ観光スポットはたくさんあります。清水寺や高台寺などは、夜間のライトアップもしていますので、夜もライトに照らされたきれいな紅葉を見ることができます。東福寺なども、いろいろな種類の紅葉があり、紅葉のピーク時には大変美しい風景を見ることができます。国内旅行で京都を訪れる人は多く、特に紅葉の季節は観光客で混雑しています。そこで、特に人気スポットに行くときなどは、早朝に観光するのもおすすめです。人が少ないので、ゆっくりと写真を撮ったりすることができますよ。叡山電鉄に乗り、鞍馬・貴船方面に行くのも楽しいです。叡山電鉄から見える景色もきれいだと評判です。また、嵐山などもおすすめです。嵐山では自転車をレンタルすることができます。国内旅行でサイクリングはなかなか選ばないかもしれませんが、秋の嵐山を自転車でまわるのはとても楽しく、気分爽快になります。はじめての国内旅行という方でも、京都は観光客に慣れているため、観光客にわかりやすい道案内などもあり、旅行しやすくなっています。観光ガイドなどを参考にすれば、効率良くいろいろな場所を訪れることができます。

年明けはここで迎えたい!国内旅行スポット

年明けを迎えるための国内旅行を、どの場所にするか迷っているなら、茨城県の大洗はいかがでしょうか。
茨城県には、美しい初日の出を見ることが出来る絶景スポットがあります。それが、大洗にある神磯の鳥居です。
大洗は国内旅行の穴場スポットとも言える場所で、東京都心部から電車で約2時間の場所にあります。車では常磐自動車道と北関東自動車道を通るのが便利なため、ちょっとした長旅を味わうにはちょうど良いエリアです。
大洗と言えば、豊富な海産物が名物で、特にあんこうは茨城県を代表する名産の一つに数えられます。国内旅行ではアンコウ鍋を食べるツアーもあるほど人気が高く、これだけを目当てに訪れる方も少なくありません。
そんな大洗にある絶景スポットの神磯の鳥居ですが、これほど日の出の風景が美しい場所は他にありません。荒々しく波が打ち付ける磯に佇む大きな鳥居の姿は厳かで、日の出の瞬間、朝日を浴びる鳥居の姿は、例えようもなく神々しく感じられます。この鳥居は、大洗磯前神社の鳥居のうちの一つで、かつては徳川光圀公が参拝し、あまりの美しさから歌を詠んだことでも知られています。
年明けに合わせて国内旅行で大洗を訪れる際は、是非海岸沿いの宿泊施設を利用することをお勧めします。海岸に面している施設もあり、すぐに鳥居まで足を運ぶことが出来ます。また、施設によってはアンコウの解体ショーが行われ、思い出に残る旅行となるでしょう。
参考サイト